2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
フォト
無料ブログはココログ

« 大便と腸内細菌の話 3 | トップページ | 平成28年一向寺通信 春 彼岸 »

2015年11月15日 (日)

大便と腸内細菌の話 4

 腸内細菌叢のディスビオーシスが問題ならば、健常者の便中の腸内細菌を移植してやればいいじゃないか、という発想は容易に生まれます。実際に獣医領域では、馬の慢性下痢(げり)等に対して行われてきました。中国や欧米では、抗菌薬や輸液療法のなかった昔には、健常者の便中の腸内細菌移植が行われていたそうです。


健常者とはいえ、便中の腸内細菌を移植するという方法は、特に衛生観念の強い日本人にはなかなか受け入れ難い治療法ですよね。

しかし、抗菌薬では完治しない再発性難治性偽膜性腸炎患者に対して、健常者の便中の腸内細菌を移植すると、偽膜性腸炎の原因菌が除菌できたという報告が多数発表されています。問題は、便中の腸内細菌をどこからどうやって入れるのか。


それは胃内視鏡を用いて胃ないしは十二指腸に入れる、または注腸で大腸に直接入れるという方法です。まさか口から飲ませる訳にはいきませんから。


また肥満者は腸内細菌の多様性が減少していますが、この肥満者に対して、やせた健常者の便中腸内細菌を移植すると、肥満者のインスリン抵抗性が改善し、腸内細菌の多様性が回復するとの報告があります。ただこの治療法がもっとも期待される腸の炎症性疾患に対する有効性は、確立していません。有効であるという報告と、無効であるとする報告とがあります。

 プロバイオテックスとは、宿主(しゅくしゅ)に保健効果を示す生きた微生物、またはそれを含む食品をいいます。要するにヨーグルトなどの発酵乳のことです。ヨーグルトには整腸作用があることなどは以前から知られていましたが、他にも発がんリスクの軽減作用、アレルギー軽減作用、花粉症軽減作用、胃内ピロリ菌低減作用などがあります。


ただしプロバイオテックスには、胃酸などの上部消化管における消化液でも生存可能であり、消化下部に正着して増殖可能であり、腸内細菌叢のバランス改善、腸管内腐敗(ふはい)菌の低下などの有効効果があり、そして何よりも安全性が高いという条件に適した菌である必要があります。

« 大便と腸内細菌の話 3 | トップページ | 平成28年一向寺通信 春 彼岸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大便と腸内細菌の話 4:

« 大便と腸内細菌の話 3 | トップページ | 平成28年一向寺通信 春 彼岸 »