2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
フォト
無料ブログはココログ

« 時宗二祖 他阿真教上人のご病気について(1) | トップページ | 平成29年 一向寺通信です。 »

2017年1月 6日 (金)

末梢性顔面神経麻痺について

 顔面神経は、そもそも十二ある脳神経のうち、第七番目の神経です。顔面の動きをつかさどる神経で、まぶたの開閉もします。脳橋(のうきょう)より顔面神経は出ますので、脳橋より上位の脳で脳梗塞や脳出血が起こると、顔面神経障害が起こります。これによる麻痺(まひ)を、中枢性(ちゅうすうせい)顔面神経麻痺といいます。
一方、顔面神経そのものが、なんらかの原因で傷害されて起こる麻痺を末梢性(まっしょうせい)顔面神経麻痺といい、突然発症する原因不明の一側性末梢性顔面神経麻痺のことをベル麻痺といいます。その他に末梢性顔面神経麻痺をおこす病気としては、水痘(すいとう)・帯状疱疹(たいじょうほうしん)ヘルベスウイルスによって引き起こされるラムゼイ・ハント症候群、腫瘍、多発神経炎、サルコイドーシス、多発性硬化症、ライム病、外傷などがあります。
 中枢性であれば、片麻痺などの他の随伴症状(ずいはんしょうじょう)があるのが普通ですし、顔面神経麻痺以外の麻痺が後遺症として残る可能性が高くなります。前回の号でもお話ししましたように、当時の時宗二祖真教上人は高齢で、しかも片麻痺の後遺症があったとすると、あちこち遊行するのは、不可能だと思われます。
また末梢性の中でも、中風と言い伝えられたことを考慮すれば、突然発症したことでしょう。腫瘍やサルコイドーシスなどは発症が比較的ゆっくりであり、また顔面神経麻痺以外の随伴症状を伴います。またラムゼイ・ハント症候群は、確かに片麻痺はありませんし、強い顔面神経麻痺をきたしますが、耳介や外耳道に帯状疱疹できるので、強烈な痛みを伴います。
また時に難聴や味覚障害もおこします。以上より、時宗二祖真教上人がわずらったのは、おそらくベル麻痺かラムゼイ・ハント症候群であったと思われます。そして顔面神経麻痺の後遺症による顔面のゆがみが後世に伝えられた、と考察します。
 ベル麻痺について説明します。原因は不明ですが、近年単純ヘルペスウイルスの再活性化が原因ではないかと言われています。突然発症するのが特徴ですが、耳介後部痛が先行することがあります。そして顔面神経の完全麻痺がおこり、四八—七二時間でピークに達します。
麻痺側の鼻唇溝(びしんこう)(いわゆるほうれい線)だけが消失し、口角が下がり、額のしわも消失します。ですから片側だけが無表情になります。なお、顔面神経麻痺のうち、中枢性なのか末梢性なのかを鑑別するポイントは、額にしわがよせられるか否かです。
中枢性では、額にしわをよせることができますが、末梢性ではしわをよせることができません。また、口笛がうまく吹けなくなり、特に唇音である「パピプペポ」がうまく発音できなくなります。また急性期や重症例では、麻痺側の目を閉じることができなくなり、角膜が乾燥して、傷つけることもあります。
 ベル麻痺を診断する上で特徴的な検査はありません。顔面神経麻痺の患者さんにCTやMRIを施行するのは、ベル麻痺を診断するためにはなく、中枢性顔面神経麻痺をきたすような脳梗塞や脳出血、末梢性顔面神経麻痺をきたす脳腫瘍などの鑑別診断のために施行します。
 治療はベル麻痺もラムゼイ・ハント症候群も、ヘルペスウイルスに対する抗ウイルス薬が有効です。また眼球結膜を保護するために、眼帯と人口涙液を使用します。予後ですが、ベル麻痺による顔面神経麻痺は多くの場合数ヶ月以内に完全回復しますが、後遺症が残る人もいます。ラムゼイ・ハント症候群の場合は、ベル麻痺より予後不良です。

« 時宗二祖 他阿真教上人のご病気について(1) | トップページ | 平成29年 一向寺通信です。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 末梢性顔面神経麻痺について:

« 時宗二祖 他阿真教上人のご病気について(1) | トップページ | 平成29年 一向寺通信です。 »