2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« ドクターミネの「老・病・死」を見つめる法話 第五回 | トップページ | ドクターミネの「老・病・死」を見つめる法話 第七回 »

2020年2月 4日 (火)

ドクターミネの「老・病・死」を見つめる法話 第六回

 死は自らにとっては概念である。ドクターミネはかつて、存在を構成している「時」には「実」体験の「時」と、想定や期待といった、体験という意味では「虚」の「時」があり、死はあくまでも知識として理解しているという点で、自らにとっては「虚」の「時」であると論じた(『中外日報』平成二六年五月二一日号)。霊長類学者の水原洋城先生もまた「死は概念である」とおっしゃっていた。死を理解する為には概念化が必要であり、概念化するためには言葉が必要であるという。ドクターミネは、机上の哲学的思考から到達した結論だが、先生はニホンザルの研究からこの結論に達した(新谷尚紀著『お葬式』より)。子供の頃飼っていた猫が子猫を生んだが、まもなく死んでしまった。母猫はそれでも、死んだ子猫をどこに行くにもくわえていく。そのうち腐敗も始まったので、母猫がえさを食べている隙を見て、子猫を埋葬した。しばらくの間親猫が、鳴きながら子猫を探していた光景を忘れることができない。水原先生は、ニホンザルの母猿が、死んだ子猿をずっと持っているのは、今まで乳を吸っていた子猿が急に吸わなくなってしまい、どうしたらいいか、わからないからだという。子供の頃の記憶にあるあの猫も、同じだったのだろう。猿の場合、群れで暮らす動物であるため、死が近づいて弱ると、群れに置き去りにされ、遂には野犬などに食べられる運命にあるという。野生動物の場合、子育てが終了すると、親は子を突き放す。ところがペットは、親子でずっと一緒に暮らすケースがあり、「親の死」を目撃する場合もある。

 三十年近く前の話である。ドクターミネの寺房に、白い犬が、大きなお腹を抱えてやってきた。どうやら、去勢もせずに飼っていた近所の飼い主が、飼いきれなくなったために、引っ越しの際に置き去りにしたようだ。元々飼い犬であったためか、えさを与えると、初めはおそるおそるであったが、寄りつくようになり、遂には本堂の縁の下で子犬を出産した。母犬似の白い子犬は総代様にもらっていただき、茶色の子犬は子供達があまりにかわいがるので「チャコ」と名付けて、母犬「シロ」と共に飼うことにした。その後母犬「シロ」は亡くなったが、死因はおそらく、フィラリアによる肺塞栓症であった。病気の性格上、チャコの目の前で突然亡くなった。チャコはその後一週間、まったくえさを食べず、ずっと鳴いていた。チャコは乳離れした後も、ずっと母犬シロと暮らしていたが、総代様にもらって頂いた、シロが生んだ犬を、一度だけシロにあわせたことがある。すでに成犬となっていたためか、シロは歯をむいて怒りをあらわにして、自分の生んだ娘を追い払ったのである。同じ時に生まれたチャコに対しては全く見せない姿であった。

 水原先生がおっしゃるように、チャコは、母犬であるシロが死んだことを理解して鳴き続けた訳ではないのだろう。しかし、犬には犬の理屈があることを、このチャコから学んだ。

 シロが本堂の縁の下で子犬を生んだとき「阿弥陀様からのプレゼントだから、一向寺で飼うべきだ」との叔父の言でもあり、大きな犬小屋を用意して、境内で飼い出した。この叔父は口だけで出して、別にえさをやるわけでもなく、散歩をさせる訳でもなく、何もしたことがないのに、この叔父が来ると、なぜかシロもチャコも、狂喜乱舞するが如く喜んだ。その叔父が亡くなった時には、すでにシロは亡くなっていたが、チャコはいた。まだ叔父の死が知らされる直前、なぜか散歩の時チャコは、この日に限って叔父の家に行こうとした。そして家の前で止まり、家の上の方をずっと見ていた。道を変えても、またそこに戻って、家の上を見続けた。やむなく強制的に引っぱって家に帰ると、その叔父の死を知らせる電話が入ったのである。

« ドクターミネの「老・病・死」を見つめる法話 第五回 | トップページ | ドクターミネの「老・病・死」を見つめる法話 第七回 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドクターミネの「老・病・死」を見つめる法話 第五回 | トップページ | ドクターミネの「老・病・死」を見つめる法話 第七回 »