2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

« ドクターミネの「老・病・死」を見つめる法話 第八回 | トップページ | ドクターミネの「老・病・死」を見つめる法話 第九回 »

2020年7月24日 (金)

コロナ時代の施餓鬼法要

令和2年5月23日(第四土曜日)大施餓鬼会法要

令和二年度の一向寺大施餓鬼法要は、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)大流行による、緊急事態宣言が正式に解除される2日前の523日に修行したしました。

 本来、大施餓鬼法要は、伝染病、飢饉、戦乱などの原因で、亡くなられた大勢の方々の鎮霊、慰霊を目的に行われてきましたので、まさに今年はそういう意味でも重要な年といえます。修行にあたり、一向寺が二次感染の場にならないような配慮が必要ですが、今までこのような経験がまったくなかったので、出来る限り「三密」をさける方針で修行しました。

 写真1のように、檀家様方は本堂には入堂せず、境内にて、なるべく間隔を空けてお待ちいただきました。また焼香台は、本堂入り口前に設置し、階段昇降に関しては、右側上り、左側下りと分けるために、カラーコーンを置き、並ぶ際もそのカラーコーンの位置に並んでいただきました。

 卒塔婆は、写真2のように、卒塔婆置き場を境内内に設置しました。また、お世話人様方には一向寺袢纏を着用し、マスクと、一向寺が用意したフェイスシールドを着用していただきました。

 実際の法要は写真3のように、本堂内は僧侶だけとし、お手伝いいただいた3人の時宗僧侶には、マスクの代わりに、フェイスシールドをつけていただきました(マスクでの読経は結構不便なので)。

 法要の中で卒塔婆を供(くう)じた後、卒塔婆を本堂から境内内の卒塔婆置き場に移動し、一般の檀家様方には、写真4のように、本堂前でお焼香をしていただきました。その後、境内墓地の方は卒塔婆を外で受け取り、院外墓地の方は翌日、それぞれの墓地に卒塔婆を取りに行っていただきました。 

写真1Photo_20200724162101

写真2Photo_20200724162201

写真3

Photo_20200724162202

 

Photo_20200724162301

« ドクターミネの「老・病・死」を見つめる法話 第八回 | トップページ | ドクターミネの「老・病・死」を見つめる法話 第九回 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドクターミネの「老・病・死」を見つめる法話 第八回 | トップページ | ドクターミネの「老・病・死」を見つめる法話 第九回 »